自律神経失調症

自律神経失調症、病院での検査と薬について

自律神経失調症、実は正式な病名としては認められておらず、明確な診断基準もないのが現状です。

その症状も幅広く、個人差もあります。

そのため、病院では患者が訴えている症状から診察を行い、関連がありそうな疾患について検査していくのが一般的です。

特別な検査はあまり行われていませんが、今回はよく実施されている検査、そして投与される薬についてお伝えします。

 

検査について

ヘッドアップ・ティルト検査

失神、立ちくらみなどの症状のある方が対象で、血圧の調節機能をみる検査

心拍変動検査

心拍を調節する副交感神経と交感神経を評価する検査

交換性神経性発汗反応検査

精神性発汗を評価する検査

などがあります。

 

薬について

また、自律神経失調症に効く薬としてよく病院で投薬されるのは

自律神経失調製剤

自律神経の中枢に直接作用して、安定をはかる薬

精神安定剤

自律神経の緊張を緩和させ、不安や緊張を和らげる薬

ビタミン剤

自律神経のバランスを整えるビタミン剤

ホルモン剤

ホルモンバランスが崩れた女性に、女性ホルモンを補充することで症状を抑えます

黄連(おうれん)

不安を抑え、胸のつかえや下痢などに効果がある

抑肝散(よくかんさん)

イライラ、神経の高ぶり、不眠症などを抑えます

抗うつ剤

睡眠導入剤

 

自律神経失調症の代表的な薬

中でも代表的な薬は以下です。

グランダキシン

自律神経調整薬で、頭痛、めまい、不安、意欲低下などの症状を改善します。

副作用は出にくいと言われていますが、眠気やふらつき、食欲不振などの症状が出ることがあります。また、依存性があり、離脱症状があらわれることもあります。

ハイゼット

70年代から販売されている薬で、コレステロールの吸収を抑える他に、自律神経を安定させる働きがあると言われています。更年期障害によって起こるイライラやめまい、頭痛なども改善します。

 

その他、抗不安剤、各種漢方薬もあります。

 

自律神経失調症は、主にストレスが原因となって様々な症状があらわれるもの。

検査をしても、異常が見られなかった。

薬を飲んでも症状が改善されなかった。

そんな風に感じる方は、他の病気と症状が重なる部分もあるので、まずは体の病気がないか調べてください。

 

それでも改善が見られない場合や不安がぬぐえない際は、お気軽に「まこと治療院」までご相談ください。

まこと治療院のご案内

住所:岐阜県揖斐郡池田町六之井1229

完全予約制

友だち追加

国道417号線より養老鉄道池野駅より東へ1分 大垣駅から車で20分

営業時間

診療時間

火曜~金曜:午前9時~12時 午後2時~8時
土曜日:午前9時~12時 午後2時~5時

定休日:月曜・日曜・祝日

-自律神経失調症

Copyright© まこと治療院 , 2021 All Rights Reserved.

0585-45-2615lineでお問い合わせメールでお問い合わせ