症状

突発性難聴

突発性難聴

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 突然耳が聞こえなくなった
  • 突発性難聴と言われた
  • 現在、病院・耳鼻科で治療している
  • 病院での治療が終了し、聴力が戻っていない
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 耳がつまる・水が入っているような感覚がある
  • 自分の声が響く

このような症状でお困りでしたら、臨床歴20年、延べ5万人の実績のある、まこと治療院へご相談ください

 

突発性難聴の治療

病院での突発性難聴の治療は、ステロイドの服薬・もしくは点滴が主な治療になります。病院での治療を行ったが、聴力の回復や耳鳴り・耳づまりなどが変化がない場合には、針灸治療をお勧めします。

鍼灸院には、聴力の回復が思わしくない方、 一部の聴力は回復したが、低音部の音が響いたり、耳鳴りがしたり、水が入ったような感覚が残る、などお困りの方が、たくさん来院されます。

 

突発性難聴と鍼灸

病院でのステロイドなどの治療は、身体の中からアプローチします。

はり灸では、身体の外からアプローチします。

耳疾患の方は、自覚がない場合が多いですが、あごを中心として筋肉がこわばっていることが多くみられます。また、首肩の筋肉が同様に硬くなっています。針灸を行うことによって、筋肉の緊張を取り去り、耳の内部の血流やリンパの流れをよくすることができます。

 

自律神経、ストレス緩和のツボ、

内耳、中耳に効くツボに鍼をします。

 

多くの人が、突発性難聴の発症前には、肉体的に無理が続いていたり、ストレスが多い生活を送っている場合が多いです。それらを改善するために、全身をくまなく観察して

全身の体調を整えるための、内臓のツボに鍼をします。

ストレスや不眠・自律神経の乱れに対して、最適なツボに針灸治療を行っていきます。

 

 

 

症状が取れなくて困っている場合は、無料の5分間の相談電話をおかけください。

 

無料相談の電話をかけてみる

患者さんの声を頂きました。

大垣市在住の突発性難聴の患者さんの声

※クリックすると拡大します

突発性難聴 37歳

突発性難聴の治療でお世話になっています。

最初、左耳の低音の聴力が低く、電車や自動車などが通過するたびに、低い音が響くことに悩まされ、

まこと治療院を訪ねました。

現在5回目の治療で、音の響きはなくなり、聴力の回復を感じております。

病院ではあまり細かい話まで聞いてもらえず、まこと治療院を訪ねてよかったと思います。

ほかの患者さんの声を読む

まこと治療院のご案内

住所:岐阜県揖斐郡池田町六之井1229

完全予約制

友だち追加

国道417号線より養老鉄道池野駅より東へ1分 大垣駅から車で20分

営業時間

診療時間

火曜~金曜:午前9時~12時 午後2時~8時
土曜日:午前9時~12時 午後2時~5時

定休日:月曜・日曜・祝日

-症状
-

Copyright© まこと治療院 , 2021 All Rights Reserved

0585-45-2615 lineでお問い合わせ メールでお問い合わせ