症状

過敏性腸症候群【IBS】

過敏性腸症候群

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 下痢が長く続いている
  • おならが多く出て困っている
  • 便秘がひどい
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • お腹が、よく張る(腹部膨満感)、張ってつらい
  • 便意があるのに十分な量、排便できない、細い便が出る
  • おなかがゴロゴロする
  • おなかの不快感がある
  • 食欲不振
  • 食道や胃の不快感がある、げっぷが出る
  • イライラ、不安感、無気力感、抑うつ感がある
  • 緊張感、倦怠感がある
  • ストレスを感じることが多い
  • 最近よく眠れない
  • 過敏性腸症候群、過敏性腸炎と診断をうけた
  • 病院に通っているが症状が改善しない、薬があまり効いてる感じがしない

過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群は、便秘や下痢を伴う、腹部の不快感が続く症状で、近年では増加傾向にあります。

未だはっきりとした原因は解明されていないものの、身体的、精神的なストレスを受けることによって自律神経のバランスが崩れ、腸が過剰反応を起こしやすい状態になり、腹痛や便意の異常などの症状を引き起こすのではないかと、考えられています。

実際に、ストレスや強い緊張を受けやすい会議やテスト、受験・面接中などに症状が出る場合が多いようです。

また、真面目で内向的な人や、20代の若い女性、30~40代の働き盛りの人などがよく症状を訴えています。人口の10〜15%もの方が罹患していると言われており、消化器系の病気の中では、もっともよく見られる病気の一つです。

お腹の痛み、便秘・下痢・などの症状以外にも、人前でおなかが鳴る、ガスが多く出そうになり困るなどの精神的な不安が、日常生活に支障をきたすことが多いため、多くの方々の負担となっています。

 

過敏性腸症候群への針灸(ツボ)の効果

大腸の働き 蠕動(ぜんどう)運動の働きを調整するツボ

食事やストレスに対して、過剰に反応するようになってしまった大腸にたいして、大腸の動きや働きを安定して行ってもらうためのツボに針灸を行います。

ストレスを和らげるツボ

長く続く症状のためにストレスがかかり、ストレスが症状に悪影響を与える悪循環に陥ってしまいます。ストレスによって不眠や、自律神経が乱れやすくなります。そこで、針灸治療では、患者さんにあった、ストレスを和らげるツボをつかいます。

 

症状が強い方は、腹筋や、お尻の筋肉がこっている

過敏性腸症候群によって、下痢や便秘の繰り返しによる、おなかの収縮、ガスが出るのを我慢したり、症状が長引いてくると、おなかの筋肉、腰やお尻の筋肉がこってきたり、筋肉の緊張が診られます。

お腹の部分の痛みや、違和感は症状が長引くことで、腸そのもののつらさと、筋肉が緊張して起こっている痛みとを、混同して感じている場合が多くあります。

筋肉のコリを緩めてあげるツボを使うことで、筋肉のコリを解消します。腰の筋肉のコリによって姿勢の乱れが生じてしまいます。筋肉を緩めてあげることで、姿勢が改善し、腹部の不快感の解消につながります。

自律神経の働きを調整して、リラックスする

自律神経に働きかけるツボを用いることで、交感神経の働きを抑制し、緊張感を和らげます。副交感神経の働きを高めてあげることによって、緊張感が緩み、リラックスしやすくなります。

おなかの過剰な動きを抑制して、正常な動きになるように働きかけます。

腸内の血流を改善して、おなかを温め、腸内環境が良くなります。

過敏性腸症候群の方にお勧めの食べもの

便秘の人は積極的に摂取する

水溶性食物繊維

らっきょう、インゲン豆、じゃがいも、ごぼう、ケールの青汁、こんぶ、わかめ、きゃべつ、大豆、大麦、ライムギ

腹部膨満感のある人は、ガスの産出を促すので、なるべく摂取しない

不溶性食物繊維

おから、シイタケ、まいたけ、小豆、グリンピース

過敏性腸症候群を一緒に改善していきましょう

食事を改善したし、薬を飲んでいるのに、症状が一向に改善しない、いったい、どうすればいいんだ。

そんな思いから、このページにたどり着いたと思います。

安心してください。まだ、身体へのアプローチが残っています。

多くの患者さんに対して結果が出ています。あきらめたことはありません。

症状が代わりにくい場合は、東洋医学の視点から、体にアプローチする針灸をお勧めします。

過敏性腸症候群の方は、腹部や、背中、腰にコリやツボの反応が多くみられます。

こうしたツボにアプローチしていくことで、症状が落ち着いていきます。

焦らずに一緒に取り組んでいきましょう!

患者さんの声を頂きました。

※クリックすると拡大します

男性 15歳 学生 各務原市在住

症状 過敏性腸症候群(IBS)による下痢、お腹の痛み、不快感 自律神経失調症

3カ月くらい前より、慢性的な下痢が続き病院へ行ったところ、過敏性腸症候群と診断されました。薬をもらい服用していましたが、一向に良くなる兆しが見えず、逆に症状が悪化してしまいました。

下痢に加え、お腹の張り、ガス、ゲップなどの症状が強く出るようになり学校を休まなくてはいけない日が出てきてしまいました。
受験生で受験日が近づいていることもあり、何とかしなくてはと思い、インターネットで調べてまこと治療院を知りました。

先生は、なぜこのような症状が出ているのかという事を詳しく説明してくださいました。
「同じような症状の患者さんが、こちらで治療をして良くなっていますよ」という話を聞き、とても安心しました。

通院して4~5回目ぐらいから、少しずつ症状が治まってきて学校へ登校できるようになりました。今は、朝に少し下痢がありますが、日中は何事もなく過ごせています。

何とか受験日までに間に合って本当に良かったです。ありがとうございました。

ほかの患者さんの声を読む

まこと治療院のご案内

住所:岐阜県揖斐郡池田町六之井1229

完全予約制

友だち追加

国道417号線より養老鉄道池野駅より東へ1分 大垣駅から車で20分

営業時間

診療時間

火曜~金曜:午前9時~12時 午後2時~8時
土曜日:午前9時~12時 午後2時~5時

定休日:月曜・日曜・祝日

-症状
-, , ,

Copyright© まこと治療院 , 2021 All Rights Reserved

0585-45-2615 lineでお問い合わせ メールでお問い合わせ