症状

逆子

逆子でお腹をさするお母さん

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 28週の検診で逆子とわかった
  • 28週以前より、逆子と言われている
  • 逆子体操をしているが、戻らない
  • 30・32週の検診で逆子が戻っていない
  • できれば帝王切開したくない

逆子とお灸

28週の検診で逆子の診断を受けると、まずは、逆子体操を行ったりします。
30週~32週に入って焦り、インターネットで「逆子 お灸」などで当院を見つけて来て頂くことが多くなります。

逆子のお灸というと、三陰交(足首)・至陰(足の小指の先)のツボにお灸が有名ですが、本当に大切なのは、お母さんの体調の乱れ、身体のバランスの乱れを整えることが大切になりますので、あなたにとって、最適な個別の施術を行います。

逆子の施術はいつ頃がいい?

今までの施術経験数から、

治療開始時期:
30週未満であれば  90%改善
30~33週であれば  約70%改善
34週以降であれば   約45%改善

週数が経つにつれて、子宮の大きさは小さくなり、羊水は減っていきます。しかし、赤ちゃんはどんどん大きくなっていくため、回転するスペースが無くなり、逆子は戻りづらくなります。

施術回数は1~3回、大体このくらいで戻ることが多いです。
最大で6回ほどを目安にしています。

戻らない場合は、臍帯が巻き付いていたり、胎盤の位置や形などの原因があり、赤ちゃんにとってその位置が最適な位置ということになります。
現在は、安全なお産の方が重要になることもあります。
ですが、ちょっとしたことで逆子が戻るのであれば、帝王切開することもありません。
セルフケアもお伝えしますので、当院にご相談ください。

もし、30週前後で逆子と診断された場合は当院までご連絡ください。

※28週以前から、逆子と言われている方は、逆子が戻りにくい傾向がありますので、施術回数を必要としますので、週数が早いうちに来て下さい。

安産に向けての体調管理

初めての出産を控えた方にとっては、色々と考えてしまって悩んでいませんか?
お腹が大きくなるにつれて、体調を崩してしまったり、悩んだりして当院にいらっしゃる方は多いです。
まずは体を整えることです。体調が整うと気持ちも前向きになります。
体調管理をしていきながら、安産に向けての準備をしていきましょう。

私自身2児のパパになります。
自分自身の子育て、パパ・ママの心構えなど、今まで勉強したことや経験をもとに出産にまつわる不安を解消しながら、鍼灸施術をしていきます。疑問に思うことがあれば何でも、聞いて下さいね。

出産に向けてベストな体調に整えていきましょう。

患者さんの声を頂きました。

逆子 大垣市在住

逆子の患者さんの声

※クリックすると拡大します

妊娠34週で、逆子の診断を受けました。

もともと、切迫流産の診断を受けていたことや、経産婦という事、胎児の大きさが平均よりも大きいことなどから、

次回の検診で逆子が戻っていなければ、帝王切開を考えましょうと言われました。

逆子体操もやっていましたが、他にもできることがあればやっておきたいと思い、

ネットで調べると、鍼灸治療を知り、口コミや治療実績などをみて、まこと治療院に出会いました。

私の場合は妊娠後期であり、逆子は戻る可能性は低いと思っていましたが、先生に相談し、現在の体の状態を細かくアセスメントして下さり、鍼灸治療を行ってくださいました。

元々冷え性で、肩こり、腰痛などがあり我慢して生活していました。鍼灸治療後から、血流がよくなり、、全身が温かく軽くなった実感がありました。

お腹の張り感もなくなり、赤ちゃんの動きが活発になりました。

初回の治療後から4日後の検診で、逆子が戻り、産院の先生もびっくりしていました。

その後も、週1回、鍼灸治療を受けていますが、とても、体調が良いです。

安産ためにも、ギリギリまで治療を続けたいと思います。

毎回、身体の状態を丁寧に確認して、治療して下さり、日頃のセルフケア方法なども教えてもらえるので有難いです。

産後も体調管理の為にお世話になりたいです。

ほかの患者さんの声を読む

まこと治療院のご案内

住所:岐阜県揖斐郡池田町六之井1229

完全予約制

友だち追加

国道417号線より養老鉄道池野駅より東へ1分 大垣駅から車で20分

営業時間

診療時間

火曜~金曜:午前9時~12時 午後2時~8時
土曜日:午前9時~12時 午後2時~5時

定休日:月曜・日曜・祝日

-症状

Copyright© まこと治療院 , 2021 All Rights Reserved.

0585-45-2615lineでお問い合わせメールでお問い合わせ